フランス蚤の市ガイド案内

癒しの石鹸屋さん

20170828

前から気になっていた石鹸屋さん Martin de Candre. 先日やっと行くことができました。
毎月第2日曜日にブロコントが開催されるMontsoreau(49)の近くにあります。
植物油のみを使って丁寧に作られた石鹸、大量生産ができないので、現在のところ、海外にはショップを出してないそうです。使うと肌がツルツルになります。購入して3時間程カバンに入れていたのですが、家に帰ってカバンを開けたら、石鹸の香りでいっぱい。 タンスに入れるのも良し。フランスでもこの地方以外では、なかなか手に入りにくいので、石鹸好きの方に、珍しいお土産としても喜ばれると思います。 ちなみに男性用の髭剃り石鹸もあります。こちらは、レトロな入れ物で、かなりのヒット商品とオーナーさんが自慢なさっておりました。
fullsizeoutput_2bd_convert_20170827212804.jpeg
IMG_0612_convert_20170827213734.jpg
IMG_0611_convert_20170827213838.jpg
IMG_0613_convert_20170827213501.jpg
IMG_0614_convert_20170827213128.jpg
 
建物の1部で石鹸の宣伝をテーマにしたEXPOが開かれてました。小さい建物の中には、昔の石鹸箱、ポスターなどが展示されてました。
IMG_0608_convert_20170827214726.jpg
IMG_0606_convert_20170827214309.jpg
IMG_0603_convert_20170827214411.jpg
IMG_0609_convert_20170827213958.jpg

フランスの田舎!を満喫できる建物。石鹸屋さんだけでなく、レストラン(夜のみ)、カフェ、ホテルもあり。
フランスの旅の疲れを癒してくれる場所です。 この地方に行く機会があれば、是非、寄ってみてください。

 Le Domaine de Mestre
サイト; domaine-de-mestre.com
石鹸のサイト; www.savonnerie-martin-candre.com ネットでも石鹸を購入できます。

スポンサーサイト

Nogent le Rotrou(28)のブロコント店

20170828

ブロコント店が国道沿いに並ぶNogent le Rotrou. 平日でも空いてるところが多いので、蚤の市のない日に行けるのがとっても便利。Les Brocs du relais d'Aveze で説明したように、Chartres とLe Mansの間にある街です。
いくつかあるうちの2つをご紹介します。
1つ目は、ブロコントというより、アンティーク。5人のブロコンターが一緒に出店してます。
Antiquites Brocante: 住所 Lieu dit <> 28400 Nogent le Rotrou
IMG_0557_convert_20170828155932.jpg
IMG_0559_convert_20170828160036.jpg
IMG_0561_convert_20170828160145.jpg
IMG_0570_convert_20170828160253.jpg
遠くで見たら、布かな?と思いましたが、実は、陶器。パリに住んでいたおばあちゃんが、特注で作ったもの。お風呂のカーテンとお揃いにしたくて作ったそうです。豪華ですよね。1900年初期のもの。
IMG_0573_convert_20170828160406.jpg

2つ目は、Le Brocante d'Edouard: 住所 42rue de la Touche 28400 Nogent le Rotrou
名前のようにこちらは、エドワードさんのブロコント。 昔の馬を育ててた建物をブロコントに改装。娘さんは、タピスリー(ソファーなどの布の張替えなどをする)とインテリアを担当。アンティークがメインですが、倉庫の一角に、エドワードさんが、修理する時間がないものをまとめて置いてある空間があり、そこは、格安で購入できます。
IMG_0578_convert_20170828160540.jpg
IMG_0580_convert_20170828160725.jpg
IMG_0582_convert_20170828160815.jpg

Batz-sur-merの蚤の市

20170827

ヴァカンスの終わりに近づいてきました。8月のお勧め蚤の市リストに載せてなかった蚤の市をご紹介します。
Batz-sur-mer(44)、ロワーアトランティック地方にある町、ブルターニュにとっても近いです。海に近いので、このヴァカンス時期、たくさんの人で賑わいます。ヴァカンスのお出かけにぴったりの蚤の市です。
今年は、8月19日に開催されました。
IMG_0600_convert_20170827205257.jpg
IMG_0601_convert_20170827205344.jpg
IMG_0602_convert_20170827205427.jpg

蚤の市ついでに是非、寄ってもらいたいのが、木靴屋さん(サボというサンダルです)
ここ20年ほど、私も愛用してます。足にぴったり合い、その上、丈夫!!
現在使用中のサボは、10年経ってます。 
IMG_0599_convert_20170827205508.jpg
お値段は、結構しますが、(50ユーロ〜100ユーロ)くらいだったと思います。夏のセールでは、30ユーロくらいになるものもあります。お勧めです。




 

Les Brocs du relais d'Aveze

20170704

パリから、車で2時間くらいの所に、ブロコントのお店がたくさんある街の記事を読んで、早速行ってみました。
リール・シュル・ラ・ソルグを目指す!!と書いてありましたが、ソルグのように街中にお店があるのではなく、街から少し離れた国道沿いにお店がありました。
平日でも開いてるところがあるので、蚤の市のない日に行けます。
Nogent Le Rotrou(28) は、ステンドグラスで有名なChartresと、24時間耐久レースで有名な Le Mansの間にあります。馬力のある馬、ペルションで知られた街です。そんなわけで、訪れたいくつかのブロコントの建物は、昔のペルションの馬宿だったり、ペルションの飼育の場所でした。
今回は、Nogent Le Rotronではありませんが、お隣のAveze(72)にあるLe Brocs du relais d'Avezeを紹介します。

IMG_0548_convert_20170704134418.jpg
3人のブロコンターが共同でお店を構えてます。
そのうちの一人、ヤエルさんが親切に案内してくれました。

IMG_0551_convert_20170704134822.jpg
IMG_0549_convert_20170704134548.jpg
IMG_0550_convert_20170704134702.jpg

IMG_0552_convert_20170704134928.jpg
IMG_0553_convert_20170704135028.jpg
IMG_0554_convert_20170704135133.jpg
IMG_0555_convert_20170704135234.jpg
IMG_0556_convert_20170704135357.jpg

ここは、金、土、日、月曜日のみ開いてます。 10時〜12時、14時〜18時
住所: Lieu-dit La Ganche 72400 AVEZE ( Jardinerie d'Avezeというお店の隣です)

アンボワーズの蚤の市

20170607

毎年Pentecôteの月曜日に開催されるアンボワーズの蚤の市。今年も天候に恵まれて、たくさんのスタンドがたちました。
パリよりも、少しお値段はお安め、スタンドの出店商品もバラエティーに富んでいて、買い付けにもぴったりの蚤の市。
リールのブロコンターも買い付けにくるくらいです。日本人の買い付けの方も見かけました。アンティーク好きで、ちょっと観光もしたい方、アンボワーズ城もすぐ近くにあり、楽しめます。
IMG_0505_convert_20170607052046.jpg
IMG_0504_convert_20170607052144.jpg
リンク
プロフィール

nominoichi

Author:nominoichi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Pagetop