フランス蚤の市ガイド案内

見逃せないフランスの6月の蚤の市

20170529

このところ、真夏並みに暑い日が続いてます。
6月にフランスにいらっしゃる方に! これは見逃せない蚤の市をご紹介します。

6月5日 アンボワーズ(37) 350出店予定 
     アンボワーズのお城の近くで開催。プロ、アマチュアの出店で、内容も良質、お値段もお手ごろ。
6月11日 もんソロー(49) 80出店予定
     定期の蚤の市ですが、河岸で開催。フランスの蚤の市って感じが素敵なところです。買い付けより、観光の方にお勧めします。


6月25日 パリ(75) サロン・ドユ・エマウス
      パリ15区のパーク・デ・エクスポで開催。 フランスのチャリティーショップ、エマウスのサロン。
      買い付けにいらっしゃる方、必見です。
スポンサーサイト

モロッコの蚤の市

20170529

仕事でモロッコに行ってきました。 サハラ沙漠の西側にあるラーユーヌ、町から車で10くらい走ると、そこは絵に描いたような沙漠!!
IMG_0427_convert_20170529205914.jpg
IMG_0403_convert_20170529210553.jpg

ラーユーヌの朝市では、布屋さんがたくさんありました。 マラケッシュの市で同じものを買ったら、3倍はします。
朝市の近くで、モロッコの蚤の市に遭遇。 ガラクタが多かったけど、フランスの昔のブリキの看板など見つかりました。
仕事で来ているので、持って帰れないのが残念。
いつか、ヴァカンスで行きたいです。
IMG_0412_convert_20170529210005.jpg
IMG_0413_convert_20170529210104.jpg
IMG_0414_convert_20170529210205.jpg
IMG_0415_convert_20170529210326.jpg

菜の花いっぱい

20170504

蚤の市に関係ありませんが、この時期の田舎は、黄色の絨毯でいっぱいです。
来年、この時期に来れるようでしたら、是非、田舎に足を運んでください。

IMG_0331_convert_20170504173829.jpg
IMG_0329_convert_20170504173940.jpg


Chateau Renardのヴィット・ゴーニエ

20170402

長い冬も終わりをつげて、ブロコントの季節がやってきました。
4月の第1週の日曜日、待ってましたとばかりに、いろんなところで開催されます。
今日は、家の近くの小さな町で開催されてたヴィット・ゴーニエに行ってきました。
ヴィット・ゴーニエは、ブロコントに比べて、一般の参加が多く、ガレージセール的なものが多いですが、古い家の多い街に行くと、掘り出し物が見つかる可能性があります。
Chateau Renardには廃墟になった城があり、古い家もたくさんあります。

IMG_0322_convert_20170402185814.jpg
IMG_0323_convert_20170402190050.jpg
IMG_0326_convert_20170402185929.jpg

とっても気品のあるおばあちゃんから、買いました。50年代の砂糖入れ。
写真だと、黄色がわかりませんが、黄色と黒のコントラストが、50年代の感じが素敵です。
IMG_0304_convert_20170402190202.jpg
IMG_0310_convert_20170402190314.jpg

ヴィット・ゴーニエは、町のイベント。フランスの小さい町のイベントに参加して、フランスに住んだ感じを味わうのも楽しいですよ。

サーディンヌの入れ物

20170215

フランスのポピュラーな食べ物、サーディンヌ。缶詰から出して、テーブルに並べる時に使われた入れ物。フランスでは、サーディンヌをバターを塗ったパンにのせて食べます。私としては、ご飯と一緒の方が美味しいと思うのですが・・。
IMG_0302_convert_20170215005637.jpg
IMG_0303_convert_20170215005733.jpg
リンク
プロフィール

nominoichi

Author:nominoichi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Pagetop